子育てのギモン・悩み解決サイト〜Sokka!そっか!〜

子育てに役立つ情報をご紹介しています。子育てに関する費用、貯蓄法、子どもの病気・ケガ、家事のコツ、イベントの楽しみ方など、子育てを楽しくするヒントが満載。

*

大掃除を1日で終わらせるスケジュールはコレ!忙しいママでも効率よく終わらせる方法

      2017/12/10

00211c1218edbb69001adf5c1a6d7138_s

「大掃除」という言葉を聞いてヒヤッとする人は少なくないはずです。ただでさえ忙しくなる年末、でも何もしないまま終わるわけにもいかない…!><

何を隠そう、独身時代は片付けができなくて汚部屋に住んでいたこの私。

子供が生まれてからというもの、ホコリや汚れに異常に敏感になり、独身時代では考えられないほどキレイ好きになりました。

人って変わるものですね~(笑)^^;

 

年末の避けては通れないイベント「大掃除」。

普段、仕事や子育てで忙しいママでも、大掃除をスパッ!と行える効率の良いやり方をまとめてみました!

楽しみながら掃除をして、気持ち良く新しい年を迎えましょう♪^^

 

 

何を基準に決める?大掃除にとりかかる順番

487a2aa279709dcaba936da78bfa1e06_s

掃除は「高い所から始める」が基本です。

「高い所」とは、2階建てだと2階部分、部屋の中だと天井・タンスの上・カーテンレールの上やエアコンなどを指します。

自分の目線より高い場所だと普段はなかなか視界に入りませんが、いざ見てみると予想以上にホコリが溜まっています!!

なぜ「高い所から始める」が基本かというと、高い場所をハンディクリーナーなどで掃除すると下にホコリやゴミが落ちるからです。先に床を掃除してしまって、あとに高い所を掃除したらまた床が汚れてしまいます。

二度手間にならないためにも、「高い所から始める」という基本ルールを頭の片隅に置いて、大掃除の順番を決めていきましょう!

 

大掃除を1日で終わらせる!!おすすめのスケジュール

正直、年末の忙しい時に大掃除を何日もかかってするのは大変ですよね^^;

特にお子さんがいらっしゃるご家庭は、子供の事(下のお世話や「遊んで~」攻撃など)でたびたび中断されることもあり、予定通りに進まないことも。家族の協力が得られる場合は、家族総動員で1日で終わらせてしまいましょう!

私の場合、子供は旦那さんの実家に預けてしまって、夫婦2人で1日で終わらせています。下にスケジュールも載せておきますので、参考にしていただけると嬉しいです^^

【前日までにやること】

1.いらなくなった服やおもちゃなど、不用品をまとめておく

0b90d7f22681efa4c6ab1ad8537f90e3_s

物が多いと片付くものも片付きません!ここはもったいない精神を封印して断捨離しましょう。我が家は、自分が3年ぐらい来ていない服、子供が見向きもしない服、遊ばなくなったおもちゃは思い切って捨てています。

 

2.お風呂は残り湯を活用してつけ置きのチャンス!

前日お風呂から上がったら、残り湯(200ℓ)にカップ1杯の重曹を入れてかき混ぜ、イス・洗面器・お風呂のふた・お風呂用おもちゃを一緒につけておきます。すると湯垢がツルンと取れちゃうんです!一晩放置して大丈夫ですよ^^

 

3.掃除道具の準備!

309462de69d4f48bcf3b3f6829ebb564_s

当日は朝からサッと始められるように、前日までに掃除道具一式を揃えておきましょう!

  • 洗剤、重曹、お酢、小麦粉など
  • 手袋
  • スポンジ、たわし
  • 雑巾、使い古しのタオルやTシャツ
  • 新聞紙
  • バケツ

 

4.掃除する範囲を決める

いくら大掃除とはいえ、1日で家じゅうピカピカ完璧に☆・・・というのはハードすぎます^^;我が家は、普段からキレイにしているトイレ・洗面台・棚は大掃除ではやりません。普段なかなか手が付けられないところを中心にやる範囲を決めましょう。

 

【当日のスケジュール】

さぁ!いよいよ大掃除の当日です。

「時間がかかるものの下処理から」「上から下へ」「奥から手前へ」を意識して効率よく行っていきますよ!

我が家の大掃除当日のスケジュールはだいたいこんな風になっています。旦那さんと分担しているので、時間は少し余裕を持たせています^^旦那さんはちょくちょくタバコ休憩も入るので(笑)

1人でする場合は、掃除する場所を選んでやるといいですよ!

 

<午前の部>

9:00 布団を干す(ほこりがかかるのを防ぐ)

9:10 キッチン(私担当)
換気扇を外し、シンクに熱めのお湯を溜めて、換気扇や五徳など油汚れのひどいものをつけ置きしておく。壁にも洗剤を吹き付けておく。レンジや冷蔵庫などの拭き掃除も。

9:10 照明(主人担当)
照明のかさを外して、浴室で洗ってベランダに干しておく。

10:00 浴室(主人担当)
壁・床などに洗剤を吹き付けておく。

11:00 玄関(私担当)
下駄箱から靴を外に出し天日干し。

 

<午後の部>

13:00 キッチン(私担当)
換気扇・五徳・コンロ台・壁・シンクを磨き上げて仕上げ。

13:00 浴室(主人担当)
天井・壁・浴槽・床・小物などを洗い流す。

13:30 窓拭き(主人担当)
濡らした新聞紙で拭き上げる。サッシも歯ブラシでキレイに。

14:00 リビング(私担当)
テレビの裏や、棚の裏やすき間など、家具を動かせるものは動かして拭く。

15:00 掃除機がけ&床(私担当)
床に落ちたホコリを掃除機と水拭きで撃退。

15:00 ベランダ(主人担当)
ほうきで掃いた後、水を流す。

15:30 照明(主人担当)
洗って乾かしておいた照明のかさを取り付ける。

16:00 玄関(私担当)
靴をきれいに払いながら靴を戻す。床をほうきで掃いたら水を流す。

16:00 トイレ・洗面台(主人担当)
普段できないトイレの換気扇・洗面台の上の部分の拭き掃除

17:00 終了
お疲れ様でした!

 

 

ところでカーテンってどうしてる?

6f52ef64f4f66c086a5853512e24d2f5_s

上のスケジュールには入っていませんでしたが、カーテンはどうしていますか?

カーテンを洗う頻度は、それぞれの家庭で全然違うようですね!最近、そのことがママ友との間で話題になりました^^

「月に1回は浴槽につけて洗う」という家もあれば、「年末の大掃除の時にしか洗わない」という家もありました。「カーテンを何度も洗うと、ほころびてこないか心配」という意見もあって、確かにそんな気もしますよね。

ちなみに我が家は半年に1回ぐらいかな^^;

カーテンは決して安いものではないし、サイズもいろいろあるので選ぶのが大変です。買い換えることになったらコストも手間もかかるので、なるべく長く使えるようにしたいですね。

カーテンには縮みやすいデリケートな素材のものもあるので、洗う時には素材の表示をきちんと確認することを忘れないようにしましょう。

我が家の場合は、わんぱくな保育園児2人がいるので、ふと気が付くとカーテンにチョコレートが付いていたり、クレヨンが付いていたり、洗わざるを得ないことが多々あります^^;掃除に苦労しないために、次にカーテンを買う時は汚れにくい生地の物にしようと密かに決めています。

 

意外な時短!カーテンを干す方法

ママ友からカーテンを洗う時の意外なアドバイスをもらいました^^

これまで私はカーテンを洗った時に、ほかの洗濯物と同じように物干し竿に吊るして干していました。

でも、わざわざそんなことはしないで、普段通りにカーテンレールにかけるだけで自然に乾くと言うじゃありませんか!確かにその方が、カーテンに不自然なシワを付けずに乾かすことができますよね。

「室内で干すだけでちゃんと乾くかな?」とちょっぴり不安も感じましたが、実際にやってみたらなんの問題もなく乾きました♪^^しかも、物干し竿に干して、取り込んで、それをカーテンレールに付ける、という手間がなくなったので時短ですよね~!!

もし厚い生地でなかなか乾きにくいカーテンだったり、日当たりに問題があったりしたら、エアコンの「除湿」を使うと良いらしいです。

 

家族でうまく分担して!

e7bc9c05fc381eab3a22562d06b419ce_s

キッチン周りの油汚れって、なかなか手ごわいですよね^^;これに頭を悩ませている人も多いはずです。

でも私は、この掃除をほかの家族には任せたくない理由があります。そう思うようになったのは数年前の大掃除で、旦那さんがガス台と換気扇の掃除を担当したことがきっかけでした。

面倒な所の掃除をお願いできたことに「ラッキー!」なんて思っていたものの、残念ながらそれを後悔するハメに><

「なんでこんなに汚れてるんだ!こんな不潔な所で料理してるのか!」と、説教を受けちゃいました^^;特に換気扇はなかなか掃除できなくて・・・

それからはキッチン周りの掃除は必ず私が担当しています。代わりに旦那さんにはベランダや窓、網戸を担当してもらうことになりました。

普段掃除をしない人は、こういう場所の掃除でやりがいを感じられるようです^^ピカピカになった窓を見ると、掃除した手ごたえがありますからね!

自分ももちろん、家族にも楽しみながら掃除をしてもらえた方が良いですもんね。

その辺の場所なら汚れていても、キッチンとは違って私が責められることもなく掃除が穏やかに進むようになりました♪^^

旦那さん以外でも、大きいお子さんがいるなら分担してやってもらえるといいですね!

 

料理と同じで掃除にも必要な“下ごしらえ”

油汚れを落とすには「漬け置き洗い」が有効なのは、皆さんご存知ですよね^^

料理と同じように掃除にも“下ごしらえ”があることを覚えておきましょう。

漬け置き洗いには時間がかかるので、最初に取り掛かるのが効率的です。

例えば、ガス台のコンロや換気扇を漬け置き洗いしている間に、トイレやお風呂などほかの場所の掃除をすると時短になります^^じっくり「漬け置き」しておくことで、こすり洗いをする手間を省くことができますよ!

 

最後に

ほかの家事と同じように、掃除も回数を重ねるごとにスキルが高くなってる気がします^^

最近では便利なお掃除グッズもかなり増えているので、そういうものを購入してテンションを上げて楽しくお掃除するのもオススメですよ♪

ぜひ楽しみながら大掃除をして、気持ち良く一年を締めくくりましょう!!

それでは!

 

 - 家事・生活, 掃除