子育てのギモン・悩み解決サイト〜Sokka!そっか!〜

子育てに役立つ情報をご紹介しています。子育てに関する費用、貯蓄法、子どもの病気・ケガ、家事のコツ、イベントの楽しみ方など、子育てを楽しくするヒントが満載。

*

出産祝いのメッセージ例文【保存版】友人・親戚・上司など贈る相手別メッセージ

   

こんにちは☆

赤ちゃんを見るとデレデレしちゃう2児のママです。

 

今回は、意外と悩む「出産祝いのメッセージ例文」をご紹介したいと思います。

私は出産祝いのメッセージをもらった時には嬉しさしかありませんでしたが、自分が贈る立場になると結構悩んでしまいます。

一言で出産祝いといっても、友人や親戚、職場の同僚など、お互いの関係性でも贈るメッセージが違ってきますし、初めての出産なのか、2人目以降なのかでも違ってきますよね。

 

今回は

  • 友人向け
  • 親戚向け
  • 同僚・後輩向け
  • 上司向け
  • 男性向け
  • 2人目以降
  • 英語バージョン

などの、様々なシチュエーション別の「出産祝いメッセージ」をご紹介していきます。

自分がもらったメッセージや贈ったメッセージも載せています^^

ぜひ参考にしてくださいね!

 


スポンサーリンク


【友人向けメッセージ】

友人の場合は、自分の気持ちを素直に表現するのが一番です。

かしこまった言葉を使わなくても、気持ちをストレートに伝えてもらうだけで、もらう方も嬉しくなりますよ^^

 

・出産おめでとう。
○○ちゃんがママになったなんて信じられない!
でもこれからはママ友として、いろんな話ができるので嬉しいな。
お互いに相談しあいながら、子育て楽しんでいこうね!

 

・出産おめでとう!産後の体調はどうですか?
赤ちゃんとの日々も慣れてきた頃かな?
きっと○○さんに似てかわいい女の子でしょうね。
落ち着いたら、赤ちゃんの顔を見におじゃまさせてくださいね。

 

・待ちに待った赤ちゃんの誕生おめでとう!
ここまでの道のりを知っているから余計に感激しています。
○○ちゃんと旦那様の間に生まれたBabyは
大切にされてきっと幸せでしょうね。
これから家族3人、温かい家庭を築いていってね。

 

・出産おめでとう。
無事に出産したって聞いて安心したよ!
いつかおちび達も一緒に、またみんなで集まれたらいいな。
何かあったらいつでも連絡してね!

 

【親戚向けメッセージ】

近い親戚、遠い親戚・・・と、普段の関係性でメッセージの内容を考えてみましょう。

よく会うような親戚なら、あまりかしこまらなくてもOKですよ。

親戚ならではの「いつでもサポートできるよ!」というメッセージを伝えてもいいですね。

 

・○○ねぇちゃん、出産おめでとう!
おじちゃんとおばちゃんの喜ぶ顔が目に浮かびます。
これから子育てで大変だと思うけど頑張ってね。
またお正月にみんなで会えるのを楽しみにしています。
かわいい赤ちゃんの顔を見せてくださいね。

 

・出産おめでとうございます!
赤ちゃんはパパ似かな?ママ似かな?
早くかわいいBabyに会いたいよ!
あ、でも「おばちゃん」じゃなくて「おねえちゃん」でよろしくね!

 

・赤ちゃんの誕生おめでとう!
赤ちゃんとの新生活はどうですか?
これからの成長を楽しみにしているよ。
サポートするから、何かあればいつでも連絡してね。

 

【同僚・後輩向け】

同僚や後輩向けのメッセージは、ママとして先輩なら、ねぎらいの言葉をかけてあげてもいいかもしれませんね^^

先輩ママからの優しい言葉は、産後のママの心に染みることでしょう。

 

・○○さんご出産おめでとうございます。
いつも仕事のできるキャリアウーマンのイメージだったけれど
ついにママになったんだね!
しばらくはかわいい赤ちゃんとの時間を
ゆっくり過ごしてくださいね。
落ち着いたらぜひ赤ちゃんと遊びに来てね♪

 

・出産おめでとう!
この感激をいつまでも忘れずに、
旦那さまと協力しあいながら
2人の宝物を大切に育てていってくださいね。

 


スポンサーリンク


【上司向け】

上司の場合は、失礼のないように無難なメッセージを贈る人が多いですね。

「お祝いの言葉」と、「赤ちゃんと家族の幸せを願う言葉」はテッパンです!

 

・ご出産おめでとうございます。
お子さんの健やかな成長をお祈りいたします。

 

・赤ちゃんのご誕生おめでとうございます。
体調はいかがですか?
仕事のことは心配いりませんので、
ゆっくり休養してください。
いつかかわいい赤ちゃんの顔を拝見させてくださいね。

 

・この度は、ご出産おめでとうございます。
新しいご家族が増え、
ますます充実した日々をお過ごしのことと思います。
赤ちゃんとご家族のみなさまの幸せを心からお祈りしています。

 

【男性向け】

男性向けに贈るメッセージは、パパになったことを喜び、今後を励ますものが多いようです。

 

・赤ちゃんのご誕生おめでとうございます。
奥さん頑張りましたね!
赤ちゃんもだけれど奥さんも大切にして
これから2人で力を合わせて子育て頑張ってくださいね。

 

・赤ちゃんの誕生おめでとう!
守るべきものが増えて、ますます頼りになるパパになるね。
男の子だから夢のキャッチボールができるまであとどれくらいかな?
強くて優しいパパの背中を見せてあげてくださいね。

 

・赤ちゃんのご誕生おめでとうございます。
新しい家族が増えて、これからもっと賑やかになりますね!
女の子だから、目尻が下がりっぱなしになることでしょう。
赤ちゃんが元気にすくすくと成長されることをお祈りしています。

 

【2人目以降】

2人目以降の場合は、ますます賑やかになる家族の幸せをお祝いするメッセージが多いですね。

待望の男の子、もしくは待望の女の子という場合には、性別を絡めたメッセージを贈ってもいいかもしれませんね。

 

・ご出産おめでとうございます。
今度はかわいい女の子とのこと!
天使のほほえみで、きっと家族のアイドルになることでしょう。
家族の強い絆で、ますます楽しく素敵なファミリーになりますように!

 

・元気な男の子のご誕生おめでとうございます。
男の子はママの小さな恋人といいますから、
きっとおにいちゃんと一緒に
ママを守ってくれる素敵な男の子になるでしょうね。
ますます忙しくなると思いますが、
いつまでも元気でかわいいママでいてくださいね。

 

【英語バージョン】

ちょっとオシャレな、英語バージョンのメッセージもご紹介します。

英語だと、メッセージカードに一言書くだけでも、なんだか絵になりますよね。

英語ならではの言い回しも素敵ですね!

 

・Nice to meet you,Pretty Angel.
(はじめまして、かわいい天使ちゃん)

・Congratulations on your new little baby!
(出産おめでとう!)

・Congratulations, I’m so happy for you.
(おめでとう。私もとてもうれしいです。)

・May your sweet angel bring you lots of happiness!
(かわいい天使があなた達にたくさんの幸せをもたらしてくれますように!)

・May you and your baby enjoy a world full of love.
(赤ちゃんとともに愛に満ちた日々を過ごされますように。)

 

このメッセージ、アリ?ナシ?

出産祝いのメッセージのマナーを調べていたところ、よく言われるタブー注意するポイントというものがあるようです。

「これはアリ?ナシ?」というメッセージについても、出産経験のあるママの立場から検証してみました^^

 

◆母子ともに健康?

母子ともに健康なのかどうかは、確認しておいた方がいいですね。

赤ちゃんに異常が見つかり、落ち込んでいるママの元へお祝いのメッセージが届いて複雑な気持ちになった、というケースもまれにあるので気をつけましょう。

 

◆赤ちゃんの性別に触れてもOK?

性別を気にする人もいるので、メッセージでは赤ちゃんの性別に触れない方がいいという人もいます。

でも、親しい間柄だったり、待望の男の子や女の子の場合は、触れてもOKだと個人的には思いますよ^^

 

◆「お疲れ様」はNGワード?

「出産お疲れ様」と言われるのは微妙・・・というアンケート結果を目にしました。

この言葉は贈る人によるかな~と思います。

例えば、男性や出産経験のない人から言われると、少し言葉が軽く感じてしまうかもしれませんね。

でも、年上の方や先輩ママからの言葉なら重みがあるというか、わかってくれているんだなという気持ちになります。

受け取り方は人によっても違うと思うので、どう思われるかな?と気になる場合は、「お疲れ様」は使わない方が無難でしょう。

 

◆ブラックジョークは避けた方がいい?

出産後のママはナーバスになっていることも多いので、たとえ冗談でもブラックジョークは避けた方がいいですね。

「2人目もがんばってね!」というような言葉も、ちょっと引くかもしれません。

あとは「これから夜泣きで大変だと思うけどがんばってね」とか、マイナスの言葉は気分が下がってしまいます。

純粋にお祝いの言葉を伝えてください^^

 

 

いかがでしたか?

想いが伝わりそうな文章はあったでしょうか?^^

ぜひ参考にしていただけると嬉しいです♪

それでは☆

 


スポンサーリンク


 - 家事・生活, マナー