子育てのギモン・悩み解決サイト〜Sokka!そっか!〜

子育てに役立つ情報をご紹介しています。子育てに関する費用、貯蓄法、子どもの病気・ケガ、家事のコツ、イベントの楽しみ方など、子育てを楽しくするヒントが満載。

*

産後のひどい抜け毛はいつまで続く?6つの原因と対策法

      2017/05/28

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s

産後にやってくるホラー・・・

それは異常なほどの抜け毛。

 

シャンプーするたびに手にゴッソリ絡みつく髪の毛・・・

日に日に薄くなる生え際・・・

私も産後、抜け毛を見るたび、鏡を見るたびに恐怖でした。

 

「このままだと髪がなくなるんじゃないの!?」

「この抜け毛、いつまで続くの!?」

 

産後のママはとっても気になるところだと思います。

今回は、産後の抜け毛はいつまで続くのか、その原因と対策をご紹介します。

 


スポンサーリンク


 

ズバリ!産後の抜け毛はいつからいつまで!?

産後の抜け毛は、産後2、3ヶ月~1年がピークです。

あまり抜けない人や、逆に1年以上抜ける人もいますが、大体この期間が抜け毛のピークのようです。

 

髪の毛の成長サイクルは

  • 成長期(髪の毛が生え成長する期間)
  • 退行期(髪の毛の成長が止まり抜けていく期間)
  • 休止期(髪の毛が生えるまでの準備期間)

の3つの期間を繰り返しています。

hair_0103出典:日本ヘアセラピスト協会

へぇ~。何年か頑張った髪の毛は、抜けてから次に生えてくるまで2~3ヶ月かかるんだね!

 

産後の抜け毛は、退行期→休止期の髪が一気に増えることで起こる現象なのです。

一度抜けると、新しい髪の毛が生えてくるまで時間差があるので、生え際が薄くなったり地肌が見えちゃったりするんですね。

 

<ちなみに私の場合はこんなでした。>

私の場合は、上の子を出産して数ヶ月後には下の子を妊娠した影響なのか、上の子の産後はあまり抜け毛を感じませんでした。

下の子を出産してからは、2人分がまとめてきちゃったのか、結構長くて1年半ぐらい続きました^^;

 

元々髪の量が多くて、子供のときから「抜け毛が落ちてる」と親によく注意されていたのに、産後の抜け毛はそりゃもうハンパなかったです

お風呂の排水口のところに黒い塊ができてお湯が流れないとか、ドライヤー後の洗面所の床の色が黒ずんだりとか。

抜けるとは聞いていたけどそこまで抜けるんかい!?と驚く毎日。そして、ただひたすらコロコロ。

 

でも、1年半を過ぎる頃には抜け毛も減っていき、短い髪の毛がたくさん育っていました。

周りのママ友もみんな抜け毛を気にしていましたが、そのうち抜け毛の話題も出なくなっていきました。

 

237571

では、なぜ産後の一時期だけこんなに抜け毛が多くなるのでしょうか?

不思議ですよね!

次は、その原因を探ってみましょう。

 

抜け毛の原因

産後の抜け毛の原因は、主にこの5つです。

① 女性ホルモンの影響

妊娠→出産で女性ホルモンの量が急激に減少することで、髪の毛が大量に抜けてしまいます。

このグラフを見てください!!

妊娠→出産で女性ホルモンの量がこんなに減少するんです!!

産前産後のホルモン量2

う~ん。出産後の恐ろしいぐらいの減りっぷり。 

 

産後の抜け毛に関係する主な女性ホルモンは、この2つです。

  • エストロゲン(卵胞ホルモン)→ 髪の毛の成長を促す
  • プロゲステロン(黄体ホルモン)→ 育毛を維持する

どっちのホルモンも髪の毛を生やしたり、抜けにくくしたりする働きがあります。そのホルモンが出産で急激に減少することによって、妊娠中に抜けなかった髪が出産後に一気に抜けてしまうのです!!

これだけ変われば、そりゃ髪の毛も抜けますよね~^^;

ちなみに、この女性ホルモン量の変化で産後クライシスになったりもします。私の場合【実録】産後、旦那が嫌いになり離婚を考えたにも書きましたが、精神的にもかなり不安定な時期がありました。

 

② ストレス

ストレスも抜け毛の原因です。

出産後、慣れない育児でのストレス、よく眠れないことでのストレス、旦那さんの言動によるストレス(あっ、これは私の場合ですw)が重なることで抜け毛が増えてしまいます。

ただでさえストレスの多い産後のママ。抜け毛のことはあまり気にしすぎないで、なるべくストレスを溜めないようにしましょう。

 

③ 生活習慣の乱れ(睡眠不足)

昼・夜関係なく、泣いたりミルクを飲みたがる赤ちゃんの面倒を見ているママは、自分の睡眠や食事もままならず、時間も不規則になりがちです。

髪の成長に必要なホルモンの分泌は深い眠りの時に分泌されますが、授乳中のママはなかなかぐっすり眠れないので、ホルモンの分泌も十分できない状態が続きます。

 

④ 栄養不足

赤ちゃんのお世話をしていると、ゆっくり食事をとる時間もないですよね。私も「赤ちゃんにおっぱいをあげるから栄養摂らなきゃ」と思いながら、ついつい手抜きになったり、立ち食いで済ませたりしていました。

食事で摂った栄養も、授乳で赤ちゃんに行ってしまうので、髪まで栄養が行き渡らないということに!

 

⑤ 無理なダイエット

妊娠中に付いてしまったお肉を落とそうと、無理なダイエットをすることも抜け毛の原因になります。

もし母乳で育てているママなら、「すぐに痩せなきゃ!」と焦らなくても、母乳をあげているうちに自然と体重が落ちていくと思うので、無理なダイエットはやめてくださいね!

 

⑥ 加齢による衰え

悲しいかな、女性の髪も年齢には勝てません。毛根は若いほうが活発なので、高齢出産になればなるほど、抜け毛が長引いたり髪質が弱くなったりします。

しかも、女性ホルモンの分泌も加齢とともに減っていくため、回復も遅くなります(ショック)

私も2人目の出産後、白髪もかなり増えました 

 


スポンサーリンク


 

すぐできる抜け毛対策

抜けていく髪の毛をただ眺めるだけ…というのも切ないですよね。

次は、すぐできる抜け毛対策をご紹介しましょう。

 

・ストレスを溜めない

一番の対策はなんといってもコレ!(対策になってないけど)

産後の抜け毛は気にしすぎなくても大丈夫ですよ~!

私も1年過ぎても抜け毛が止まらなかった時は、永遠に抜け続けるのかと心配にはなりましたが、1年半ぐらいで落ち着いてきました。

生まれたてのひよこのような生え際も一時期だけのこと。自撮りでもして記念に残しておけばよかったな~とちょっと後悔しております(笑)

抜け毛は必ず治まってきますので、心配しすぎないでくださいね^^

大丈夫!必ず終わりはやってきますよ! 

 

・栄養補給

出産後の体力回復や子育て疲れの回復には、栄養が不可欠です。髪はもちろん、体の回復のためにも以下の栄養素を積極的に摂ってみてくださいね!

<タンパク質>

タンパク質は髪を作る元になります。特に大豆製品に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするので、ぜひ摂っておきたい食品です☆髪の毛の成長を促してくれますよ。納豆なら1日1パックを目安にしましょう。

タンパク質が含まれる食品・・・肉、卵、大豆

 

<ビタミンB>

タンパク質が髪を作る元になるといいましたが、実はビタミンB6がないと、ケラチンという髪の主成分を作ることができません。ビタミンBは水に溶けやすいので、煮物・汁物よりも、焼いたり炒めたりする方が多く接種できますよ!

ビタミンBが含まれる食品・・・豚肉、レバー、まぐろ、カツオ

 

<ミネラル(鉄、亜鉛)>

おばあちゃんがよく「わかめは髪にいいんだよ~」と言っていたのを思い出します。ミネラルは健康的な髪の毛を作ってくれるので、髪質改善にも役立ちます。

ミネラルが含まれる食品・・・わかめ、ひじき、レバー、ほうれん草

 

<カルシウム>

カルシウムは髪にハリとツヤを与えてくれます。産後はカルシウム不足にもなりやすいので、積極的に取り入れてみましょう♪

カルシウムが含まれる食品・・・乳製品、小魚

 

<根菜類>

根菜類は食物繊維で腸内環境を整えてくれ、抜け毛予防に効果的と言われています。

根菜類の食品・・・・ごぼう、ニンジン、大根

 

忙しくてそんなにたくさん野菜を摂れないよ!というママはサプリメントやハーブティーをうまく活用しましょう♪

 

ベルタ葉酸サプリは産前・産後ママのサプリメントとして有名ですね^^ こういったサプリメントは少し高くつくかもしれませんが、栄養素がお手軽に摂れる点はいいですよね☆

 

・生活リズム

昼は活発に動いて、夜はぐっすり眠る。そのリズムが産後はなかなかできません。

私は「寝られる時に寝ておきなさい」と義母からもよく言われていたので、赤ちゃんとよく一緒にお昼寝していました。

赤ちゃんの離乳食が始まる頃になれば、生活リズムも徐々についてくるはずなので、例えば夜、眠れなくても横になって目を閉じるだけでもだいぶ違います。

できるだけ昼間は活動して、夜は休むというリズムを意識してくださいね^^

 

・マッサージ

指の腹で優し~く揉みほぐすような感じで、頭皮をマッサージしましょう。シャンプー前にマッサージをすると、頭皮の血行が良くなり、表面に張り付いた汚れも浮き出やすくなります。

マッサージを続けていくと頭皮が柔らかくなるので健康な髪も生えてきやすくなりますよ♪

☆ポイント☆ 爪を立てない・3分以上は行わない・力を入れ過ぎない

 

・抜け毛専用のシャンプー、育毛剤

<シャンプー>

私は使ったことがないのですが、ママ友で使っている人がいました。

シャンプーなので、どうしても体質に合う合わないとか髪がきしんだりというのはありますが、自分に合うシャンプーが見つかるとかなり違ってきますよ!

雑誌でも取り上げられているノンシリコンシャンプー【haru黒髪スカルププロ】

シリコン入りのシャンプーは、髪がコーティングされ指通りや手触りを良くしてくれます。でも、シリコンが毛穴に詰まってしまい、髪にとって大切な栄養分が行き渡りにくくなります。

抜け毛が気になるママは、髪や頭皮に優しいと言われているノンシリコンシャンプーに変えてみてもいいかも。

 

他にも、シャンプーはアミノ酸系・石油系・石鹸系の3つに大きく分類され、その中でも「アミノ酸系シャンプー」が一番髪や頭皮に優しいと言われているので、石油系を使っていたママはアミノ酸系に変えてみるのも一つの手段です^^

それぞれのシャンプーの特徴をまとめてみました。

 

<アミノ酸系シャンプー>

○髪・頭皮に優しい
○皮脂を取りすぎない
○弱酸性
○育毛ケアにピッタリ
✕高価
✕きしみを感じることも

<石油系シャンプー>

○安い
○泡立ちが良い
✕洗浄力が強い
✕頭皮への悪影響
✕シリコンが入っている
✕育毛ケアには不向き

<石鹸系シャンプー>

○安い
○環境にやさしい
✕洗浄力が強い
✕頭皮への刺激が強い
✕洗いあがりが良くない
✕育毛ケアには不向き

 

良かったら参考にしてくださいね♪

 

<育毛剤>

たまに耳にするこの「ベルタ育毛剤」は、厚生労働省に認可された女性専用の育毛剤です。
(なんと男性への販売はお断りだそうです!驚)

妊娠中や授乳中も使えて、いやむしろ妊娠中こそ使って欲しいという強気のベルタさん。

 

 

・ウィッグ

どうしても今の髪で人前には出られないというママは、ウィッグという手もあります。

フルウィッグじゃなくても、気になるところだけ部分ウィッグもできますしね!

ちょっとの間だけ違う髪型にしてみるのも気分転換になるかもしれません♪

 

 

専門家に相談した方がいいケース

もし、あまりにも抜け毛が長引くとか、円形脱毛症になってしまったという場合は、専門家に相談してみましょう。

まずは相談するだけでも安心できますからね。

産婦人科であれば、女性ホルモンの分泌を正常化するようなお薬や育毛剤などが処方されることもあります。

円形脱毛症だと皮膚科がいいかもしれません。飲み薬や塗り薬での治療になると思います。

深刻な場合はすぐ専門家に相談しましょうね

 

 

いかがだったでしょうか。

ママなら誰もが経験する産後の抜け毛。

私も「恥ずかしい><」と思った時期もありましたが、それも少しの間だけ。

必ず終わりはやってきますので、気楽に気長に待っていてくださいね^^

 


スポンサーリンク


 - 健康・美容, ママの心と体