子育てのギモン・悩み解決サイト〜Sokka!そっか!〜

子育てに役立つ情報をご紹介しています。子育てに関する費用、貯蓄法、子どもの病気・ケガ、家事のコツ、イベントの楽しみ方など、子育てを楽しくするヒントが満載。

*

妊婦中に食べてはいけないものとは!?赤ちゃんに影響を及ぼす食べ物

      2016/11/24

ninpu

こんにちは^^

4歳と3歳の2児のママです!

 

今となっては、こんなに大きくなった娘たちですが、お腹にいた時は苦労の連続でした…

妊婦さんっていろいろ制限があるし、「動くな!」と言われたと思ったら、数ヶ月後には「動け!」とか言われたり、結構大変ですよね^^;

 

私が特に悩んだのが妊娠中の食べ物についてです!

今までは何も気にせず普通に食べていたものが、お腹に赤ちゃんがいる時は、悪影響を及ぼす危険もあるのです!

多くの妊婦さんが疑問に思っている、食べ物について詳しくご紹介したいと思います。

これを読んで、食べ物への不安を解決しちゃいましょう(^ ^)

 


スポンサーリンク


生ものはOK?NG?

お寿司・生卵・生肉

283beda574e2423cd570b96ab132d996_s

お寿司といえば、お祝いごとには欠かせないですよね。でも、「妊娠中にはお寿司は食べないほうがいい」ってよく聞きませんか?

実際、何がどうダメなのかって分からないですよね。

 

実は、食中毒が関係しているからなのです!!

 

普通の人が生魚を食べても大丈夫なのですが、妊娠中は免疫力が低下しています。

その影響で、食中毒になりやすくなってしまいます。

 

食中毒の原因となる寄生虫を倒す薬を、妊娠中はお腹の赤ちゃんに悪影響を与えるため投与できなくなります。

お母さんに下痢や嘔吐・発熱の症状が出ると、羊水にいる赤ちゃんへ水分が充分に行き届かなくなり危険な状態になってしまいます。

 

そこで

菌が付着している食べ物ご紹介します!

 

→同じく生牡蠣にも注意してください。

生牡蠣には、ノロウイルスの原因となる寄生虫が潜んでいるので、食べないほうがオススメです!

 

の殻には、サルモネラ菌が付着しています。

生卵には注意しましょう!

 

生肉には、トキソプラズマという菌が付着しています。産まれてくる赤ちゃんの、脳や目に悪影響を及ぼすため注意が必要です!

 

→もう1つ注意してほしいことが水銀です。

お魚の種類によっては水銀を含むものがあり、それがお腹の赤ちゃんに蓄積されてしまいます。

 

神経系に影響を及ぼすため、音に対する反応が遅れるという事例もあります。なので、生魚には十分気をつけましょう!!

 

私もお寿司が大好きで、「どうしても食べたーい!!」という時がありました。

旦那さんにお寿司さんに連れて行ってもらい、焼いてある魚や玉子など食べて雰囲気で満足するようにしていました!

 

 

コーヒーはOK?NG?

dc8e7b1849b8128e3babb77053691258_s

「妊娠中はコーヒーを控えるように」と言われますよね。

 

コーヒーには、カフェインが多く含まれていて胎盤を通じて赤ちゃんに悪影響を与えてしまいます。

早産や流産、低体重・発達障害などの恐れがあるので注意が必要です。

 

私もそうですが、毎日コーヒーを飲んでいた人にとってはちょっと物足りなさを感じてしまいますよね。

妊娠初期は全く摂取しないほうがいいですが、妊娠後期になればある程度飲んでもOKです!

目安として1〜2杯に抑えておきましょう♪

また、ノンカフェインコーヒーなども売っていますので工夫していきましょう!

 

ノンカフェインといえば!知っていましたか!?

スターバックスにディカフェ(デカフェ)コーヒーって売っているのですよ(^ ^)

味もカフェイン入りと差ほど変わりはなく、美味しく飲めますよ!妊娠中の息抜きにスターバックスに足を運んでみてはいかがでしょうか?

参考:美容に効く!スタバでデカフェを注文するとお得な理由 – NAVERまとめ

 


スポンサーリンク


チョコレートはOK?NG?

e9df6e99a473f14544fe131b720a7525_s

じつは、チョコレートは胎児にいい食べ物なのです!

妊娠高血圧症候群のリスクが大幅に低下するという記録があります。

妊娠中は、何かと甘いものの制限がありますがチョコレートを食べることでストレスの解消にもなるので、いいですね♪

 

ただ、注意してほしいのが多量摂取です。どんな食べ物でもそうですが、食べ過ぎは禁物!

チョコレートにもカフェインが含まれており、また糖質の摂り過ぎにもなってしまいますので適量を守りましょう!

 

 

はちみつはOK?NG?

8cd8c7d8c4e77ec3bc7cdb4254218a93_s

結論から言うと大丈夫です!

 

1歳未満の赤ちゃんにはちみつは絶対食べさせてはいけないというのは、結構知られていますよね?

ボツリヌス菌というのは、大人の腸内には存在しないため大丈夫なのです。胎盤を通してボツリヌス菌が胎児に移行することはまずないと言われていますので、甘いものが欲しい時に、お砂糖の代わりとして使ってもいいですね!

こちらも、糖質が高いため多量摂取は気をつけましょう!

 

 

カレーはOK?NG?

ee5796873835545ad899f847fa47f1fb_s

妊娠さんにカレーは、OKです!

全く問題ありません!

ただ、香辛料が含まれていますので、辛口は避け、甘口ぐらいにしておきましょう♪

 

食欲増進や糖尿病の予防にもなるメリットがあるのでオススメです!

ただし、塩分が含まれているので摂取量は守りましょう!つわりがあるときも悪化させてしまうので、つわりが終わってからにすることをおすすめします☆

 

 

ひじきはOK?NG?

82eb8c7106446371459e6e7ebf588a62_s

「ひじきにはヒ素が含まれているから、妊娠中は食べないほうが良い」というのを聞いたことありませんか?

でも実際には、ひじきだけをお腹いっぱいに食べるわけではないので、そこまで気にしなくても大丈夫なのです!

 

毎日大きなボールでひじきを食べるなら気にする必要も出てきますが、小鉢1杯ぐらいを普段の食事で摂る分には問題ありません^^

また、茹でる・水で戻すことによって、ヒ素は取り除くことができます。1時間水に浸しておくと68%のヒ素が流れ出すと言われているので、気になる方は工夫してみましょう!

ひじきには鉄分・ミネラル・カルシウムなどの栄養も含まれているので、気にしすぎず適度に食べたい食材ですね!

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

 

食べ物にも色々と気をつかいますが、赤ちゃんが産まれてくるまでのあいだの我慢です!

一生我慢するわけではないし、産まれてくる赤ちゃんには元気でいてほしいですよね

でも、妊娠中は体も自由に動かないし我慢の連続でストレスが溜まるかと思います…

我慢できるものはして、できないものは変わりを探したり工夫して乗り越えましょう♪

 

大丈夫!!

産まれてしまえば、私のようにリミッターを解除して思う存分好きなものを食べられますから(笑)^^

妊婦生活を思いっきり楽しんでくださいね♪


スポンサーリンク


 - 健康・美容, ママの心と体