子育てのギモン・悩み解決サイト〜Sokka!そっか!〜

子育てに役立つ情報をご紹介しています。子育てに関する費用、貯蓄法、子どもの病気・ケガ、家事のコツ、イベントの楽しみ方など、子育てを楽しくするヒントが満載。

*

年末調整の還付金はいつ戻ってくる?逆に支払うケースもあり!

      2016/11/02

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_s

毎年、年末から年明けにかけて気になるのが年末調整の還付金

クリスマスにお正月と、出費の多いこの時期。家計を預かる主婦として気になっているママも多いはず。

 

還付金が戻ってくるとプチボーナスみたいで嬉しいですよね!^^1円でも多く、1日でも早く、戻ってこいこい還付金♪

私は税理士事務所で5年間働いていたので、実際にいろんな会社の年末調整をしていました^^還付金の多い人少ない人、還付金が支払われるタイミングの違いについても実際にみてきましたので、その経験からもお話しできたらと思っています。

今回は

・年末調整では「何」を調整しているの?
・かならず還付金が戻ってくるとは限らない!?
・年末調整の還付金のタイミング

などについてご紹介していきます!

 


スポンサーリンク


年末調整はあなたの代理で会社が税金を納める仕組み

95259a12a1a9fa79925a2780eae8d147_s

そもそも「年末調整」って何なのでしょうか?

 

突然ですが、日本人には3つの義務があるのは知っていますか?

  1. 教育の義務
  2. 勤労の義務
  3. 納税の義務

おぼろげながら学校で習った記憶がありますが、きちんと憲法に定められています。

私も「税金高すぎ!ブーブー!」といつも文句を言っていますが、日本に生まれたからには納税の義務は避けては通れないのです。

money_fly_yen

税金にはいくつも種類があって

  • 所得税
  • 住民税
  • 相続税
  • 消費税
  • たばこ税
  • 自動車税 ・・・などなど

買い物するたびに支払う「消費税」から、私には縁のなさそうな「相続税」まで、いろんな形で国や市町村へ税金を納めています。

年末調整はその中でも「所得税」に関する納税の手続きと処理になります。

 

所得税は1年間に得た所得に対してかけられる税金です。

自営業の人は自分で税務署へ確定申告をしなければなりませんが、会社勤めの人全員が個人個人で確定申告をするとなると、とーっても面倒くさいですよね^^;

なので会社勤めの人は「会社で一括してあなたの所得税を計算して納税までしましょう」というふうになっているのです。

年末に、1年間の給与と控除額を詳しく計算しなおして、きっちり所得税の金額を出すのが年末調整です。

 

◆自営業ill02_06

◆会社員(アルバイト・パート含む)ill02_01

出典:国税庁HP|税のしくみ

 

毎月の給料から天引きされている所得税はざっくりとした概算で引かれています。

1年間の税金をまとめて年末に支払うと金額が大きくなってしまうので、毎月分割して先払いしておこうということで、だいたいちょっと多めに引かれています。

「毎月、旅行積立をしておいて、旅行で使った分の残りが戻ってきた~!」と考えるとわかりやすいかもしれませんね^^

 

 


スポンサーリンク


年末調整では「何」を調整しているの?

0a00eec432508504f2903827620fdd03_s

年末調整ではその人の年間の所得税を詳しく計算しているわけですが、一体「何」を調整しているのでしょうか?

 

1)保険
生命保険や地震保険に加入しているか

2)扶養
配偶者や子供などの親族を扶養しているか

3)社会保険料
自分の手取り給料の中から、親族の社会保険料を支払っているなど、天引きの社会保険料以外に支払っているものがあるか

4)離婚や死別
シングルファザーやシングルマザーになったか。配偶者と死別したか

5)障害者
本人または家族の中に障害者がいるか

6)マイホーム購入
マイホームをローンで購入しているか
(※初年度だけ確定申告が必要です。2年目からは年末調整で対応。)

 

毎月天引きしている源泉所得税では、給与額と扶養人数からしか計算していません。

年末調整では「税金の負担を軽くする事情があれば配慮するので、自己申告してね~!」となっているので、毎年

「平成〇年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」
「平成〇年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 配偶者特別控除申告書」

の2枚を記入しているはずです。(マイホームをローンで購入している人はもう1枚書類の提出があります。)

 

「扶養人数が増えたのに言い忘れてた!」「保険料のことすっかり忘れてた!」なんてことがあると、所得税を多めに払うことになります。もし後で気付いたら、その後に確定申告すればで再計算してもらえますが面倒ですよね^^;申告漏れがないように、きちんと会社に報告しておきましょう!

 

 

年末調整でかならず還付金が戻ってくるとは限らない!

db4d705951df4e1fd649577e7964ef45_s

年末調整というと必ず還付金が戻ってくると思いがちですが、そうではありません。

還付金が戻ってくるどころか、追加で税金を支払わないといけないケースもあるんです!

結構ショックですよね~^^;

 

追加で支払うのはどんなケースかというと

◆子供が就職して扶養から外れていたのに、会社に伝え忘れていた。

◆奥さんを扶養に入れていたが、パート収入が103万円を超えて扶養から外れることになった。
(103万を超えても141万未満までは配偶者特別控除は受けられます。)

◆離婚した。
(子供がいない、子供を引き取らなかったなどで扶養人数が減った場合。)

◆普段の給料のわりにボーナスが大きい。
(ボーナスからも所得税は引かれていますが、前月の給与額から徴収税率が決まるので、天引き額が少なくなる場合あり!)

◆12月の給料から所得税が天引きされないシステムだった。
(これは会社によって違いますが、普通は12月の給料からも所得税が天引きされるところが、「どうせ年末調整で清算するから」と12月の給料からは所得税を引かずに年末調整するケースもあります。)

追加で徴収されると「なんで!?間違ってない!?」とビックリすると思いますが、こういったことがなかったかもう一度確認してみてくださいね!

どうしても納得できないときには、会社の年末調整担当の人に聞いてみるしかないですね^^

 

 

年末調整の還付金のタイミング

5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_s

年末調整の還付金が戻ってくるタイミングですが、会社によって違います。

 

12月の給料日に還付金も上乗せされて戻ってくるケースが多いと思います。

ただ、会社によっては1月や2月に戻ってきたり、給料とは別に手渡しされる場合もあります。

(※例:12月分の給料が1/25支給で、1月に還付など)

 

会社は1/31までに年末調整を終えて役所に書類を提出しないといけないので、遅くても1月末までには年末調整は終わっています。

詳しい還付日は、会社の給与担当の人に聞けるなら直接聞いてみるのが一番確実ですね!

 

 

最後に

いかがでしたか?

税金の話って難しくてよくわからないと思いがちですが、どんな仕組みでどんな計算で徴収されているのかを知っておくことも大事です。

なんたって役所は不親切ですからね~(笑)税金を多く払いすぎても役所は何も言いませんが、税金を少しでも納め忘れようものなら”督促の嵐”ですからね~!^^

知らないと損をすることも多いので、またお役に立てるようなお金の話ができたらいいなと思います♪

それでは☆

 


スポンサーリンク


 - 仕事・お金