子育てのギモン・悩み解決サイト〜Sokka!そっか!〜

子育てに役立つ情報をご紹介しています。子育てに関する費用、貯蓄法、子どもの病気・ケガ、家事のコツ、イベントの楽しみ方など、子育てを楽しくするヒントが満載。

*

マイコプラズマ肺炎って自然治癒するの?子供の場合は?

      2017/01/04

ƒvƒŠƒ“ƒg

マイコプラズマ肺炎という感染症を知っていますか?

「オリンピック熱」とも呼ばれ、前回オリンピック開催年の2012年にも全国各地で話題になりました。でも最近は、毎年のようにマイコプラズマ肺炎が流行っているようです。

でも「マイコプラズマ肺炎」って聞いたことあるけどよく知らない・・・。

特に発症してしまった場合、大人と子供に違いにある?

普通の風邪と同じように日にちが経てば徐々に治っていく?

など気になることもたくさんありますよね^^;

今回は

  • マイコプラズマ肺炎ってどういう病気?
  • 症状が消失するまで1カ月もかかることも!
  • マイコプラズマ肺炎は自然治癒する?何か治療が必要?
  • 症状が悪化していく場合は抗生物質が治療の基本

そんな気になるマイコプラズマ肺炎の特徴と疑問について調べてみました!

 


スポンサーリンク


マイコプラズマ肺炎ってどういう病気?

M_pneumoniae1

マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマという病原体によって生じる感染性の肺炎です。マイコプラズマは細菌やウィルスではなく、微生物に分類されます。

咳やくしゃみによって人から人に移りますが、石鹸などでも除去できるほど感染力は弱いのが特徴です。

マイコプラズマ肺炎の患者は子供に多い病気ですが、大人でも感染します。益若つばささん、元AKBの川栄李奈さんなど、芸能人の感染でニュースになったこともありましたね。

 

代表的な症状は、夜間を中心とした乾いた咳です。それ以外に発熱、喉の痛み、からだのだるさなどありますが一般的な風邪と区別がつきにくいのが問題です。

 

 

症状が消失するまで1カ月もかかることも!

seki

マイコプラズマ肺炎による熱や体のだるさは長くても3、4日で治りますが、特徴的な乾いた咳が1か月ほど続くことがあります。しつこい咳で病院に行ってレントゲンを撮ったらマイコプラズマ肺炎だったということも多々あります。

たかが咳とは言え、わが子が苦しんでいるのを見るのも辛いですし、夜寝られないのも体に負担がかかりますよね><

マイコプラズマの潜伏期間が2~3週間と言われていて、その間も感染能力があります。発症してからの期間も含めると約1か月半と長期間にわたるのもマイコプラズマ肺炎の怖い特徴ですね。

潜伏期間も長いうえ症状も長びくので、保育園や学校でも感染が広がってしまいます。

 

上の子がまだ2ヶ月ぐらいの時、子供も私も乾いた咳が1ヶ月近く続いていた時がありました。

当時は風邪と診断され、マイコプラズマという言葉も知らなかったのですが、今思えばマイコプラズマに感染していたんじゃ・・・という気がしてなりません^^;

 


スポンサーリンク


マイコプラズマ肺炎は自然治癒する?

toubyou_punch

肺炎っていうけど、マイコプラズマ肺炎は自然治癒するんでしょうか?

マイコプラズマ肺炎は症状に対する薬の使用は必要ですが、ある程度体力があれば自然治癒する病気です。

「ある程度の体力」のさじ加減は難しいですが基本的に乳児、高齢者、持病がある人以外を考えてもらえると良いでしょう。

それでも自然治癒だと完治するまでに2~3ヶ月かかるといわれています。早めに病院で適切な治療を受ければ1~2週間で完治するので、病院で診察してもらった方がいいですね。

参考:もろおかクリニック

 

マイコプラズマ肺炎に限ったことではありませんが、自然治癒力を高めるのに大切なのは食事と安静です。特にバランスのよい食事は何よりの薬になります。

食事で摂った栄養素は身体の中でこんな風に使われています。

eiyouso

【肉・魚・大豆などのたんぱく質】
・病原体と戦う免疫の基になる栄養素

【ご飯・パン・麺類などの糖質】
・熱や咳などの症状で使われる体力の補給
・全身の司令塔である脳のエネルギーの源

【油分(オリーブオイル、バター、チーズなど)に含まれる脂肪】
・炎症を抑えるホルモンなどの材料
・糖質同様、エネルギーや体力の源(脂肪のカロリーは糖質の2倍以上)

【いろいろな食品に含まれるビタミン・ミネラル群】
・免疫物質の活性化を手助けする
・口や鼻の粘膜の健康維持
・体のだるさを改善する

【水分】
・体内の血のめぐりを良くする
・老廃物を体の外への除去する

 

食べたいもの=体に不足しているものでもあります。それぞれの栄養素の特徴を知って、食べたいものを中心に食べるのが何よりの薬になります。

 

 

症状が悪化する場合は抗生物質の投与が治療の基本

medicine_konagusuri

マイコプラズマ肺炎は、一般的には子供より大人の方が重症化しやすいと言われる珍しい感染症です。その理由の一つに、しつこい咳以外の症状が軽く、なかなか安静を取ることができないケースが多いことがあげられます。

また大人・子供関係なく喘息や糖尿病などの持病がある場合も重症化しやすく、その場合は抗生物質の投与が治療になります。基本的には飲み薬で良くなりますが、重症の場合は点滴が必要になることもあります。

お子さんの場合は、早めに病院を受診してお薬を飲んだ方が安心です。

 

抗生物質が必要となった場合、注意しなければいけないことが2つあります。

ひとつめは、抗生物質にはたくさんの種類があって、体調不良になる病原体に対して効果があるお薬とない薬があります。自己判断で購入せず、必ず病院やクリニックで処方してもらいましょう。

病院を受診しても、診察する先生によってはマイコプラズマ感染と気付かずに、効果のない抗生物質が出されることもあるようです。その場合は、再度受診するか、違う病院で診てもらった方がいいでしょう。

 

ふたつめは、抗生物質を飲んだり飲まなかったりすることで、耐性菌ができることです。

耐性菌とはその名前の通り「薬の効果に耐えることができる菌」のことを言います。薬の効果がない病原体ほど怖いものはありませんね><;

病院によってはこの耐性菌の危険性を考えて子供には抗生物質を使わないところもあるほどです。マイコプラズマでも、今まで効果があった抗生物質が効かなくなっているケースもあるようです。

抗生物質は「もろ刃の剣」になります。医師に相談して、正しい量を正しい回数飲みましょう。

 

 

いかがでしたか?

あまり重症化しないといわれるマイコプラズマ肺炎ですが、しつこく咳が続くと辛いですよね。その場合は、マイコプラズマ肺炎の可能性も考えて病院を受診してみてくださいね。


スポンサーリンク


 - 健康・美容, 子どもの健康・病気