子育てのギモン・悩み解決サイト〜Sokka!そっか!〜

子育てに役立つ情報をご紹介しています。子育てに関する費用、貯蓄法、子どもの病気・ケガ、家事のコツ、イベントの楽しみ方など、子育てを楽しくするヒントが満載。

*

インフルエンザの予防接種2016-2017!値段の違いはどこから?

      2016/11/24

471719

こんにちは^^

毎年冬が近づいてくると、インフルエンザの予防接種を受けるかどうかが悩みの種です。

予防接種するのに数千円かかりますからね。しかも人数が多いと、なおさら痛い出費です。

それにしても、なんで予防接種って高いんでしょうか^^;しかも病院ごとに料金が違いますしね!

 

というわけで今回は

インフルエンザの予防接種はなぜ病院ごとに料金が違うのか、その仕組みと値段の相場

を探っていきたいと思います。

 


スポンサーリンク


予防接種の料金は病院の考え次第!?

2207037a011e694663395652d71b653_s

まず、なぜ予防接種は健康保険の対象にならないのでしょう??

健康保険は、病気や怪我をした時に医療費をカバーしてくれる制度です。

予防接種は、病気にならないように健康な時に予防として行うものです。

ですから、健康保険の対象にはならないんですね!

 

「健康保険の対象にならない=自由診療」ということになります。

美容整形でしわを無くしたり、歯医者さんで保険のきかない歯を入れるのと同じような感じです。

そうすると、自由診療なのでいくらという規制がなく、病院の考える料金設定でいいということなのです!

極端な話、「僕はインフルエンザの怖さを知ってるから、来た患者さんには全員無料で予防接種してあげよう」という病院があってもいいし、反対に「忙しいんだから予防接種なんてやりたくないから5万にしよう」という病院もあり得るんですね^^

 


スポンサーリンク


どうやって料金を決めてるの?

437c5d06bf4b15314fb0d8e69f1c7b81_s

現実的には病院もお金を払ってワクチンを購入しているわけなので、それなりの報酬を取らないといけません。ワクチンの仕入れが1500円くらいで、そこに注射器や人件費、経費などを考慮した値段になっています。

インフルエンザの予防接種料金は結構病院によって差があって、1回あたり1000円台のところもあれば5000円以上するところもあります。

結構、幅がありますよね!

 

なぜこんなに幅があるのかというと、「予防接種をしてもらって健康に過ごしてもらえるように」と地域貢献を考えて良心的な値段にしている病院もあるし、逆に「予防接種はあまり儲からないのでその分上乗せしよう」という病院もあるからなんですね。

あとは、防腐剤が入っていない割高なワクチンを使うなど、使うワクチンによって値段が違う場合もあります。

※料金が安い・高いからといって、一概に良い・悪いとは言えません。

 

案外知られてないのが、内科とか小児科だけでなく、整形外科や産婦人科などでもインフルエンザの予防接種が受けられるという事です。

ですので、診療科にこだわらず、いろいろな病院に問い合わせてみると料金の違いがよく分かると思いますよ!

 

 

今年の料金はどれくらい?

75010c2ed7c16ba4bf9c4ce19c636cef_s

2015年は、3種類のインフルエンザウイルスに対応したワクチン(3価)から4種類対応(4価)に変わったので、値段が上がったという地域も多かったようですね。

私の住んでいる地域では500円値上がりしました。

2016-2017シーズンも去年と同じ4価のワクチンになるので、値段は2015年とほぼ変わらないのではないかと思います。

ちなみに、去年の予防接種1回あたりの平均額は

大人 3000~4000円前後
子供 2000~3000円

でした。

参考:医療総合QLife – インフルエンザ予防接種全国平均価格を公開

子供は地域で助成が受けられるところも多いと思います。自分の住んでいる地域の予防接種料金は、ご近所の病院で何件か問い合わせてみるといいですよ^^

 

 

2016-2017シーズンの予防接種について

medical_yobou_chuusya_baby

次に、2016-2017シーズンの予防接種のワクチンについてご紹介します^^

2016-2017シーズンも去年と同じく、A型2種類・B型2種類の4価のワクチンになります。

○2016/2017冬シーズン
    A/California(カリフォルニア)/7/2009(X-179A)(H1N1)pdm09
    A/Hong Kong(香港) /4801/2014(X-263)(H3N2)
    B/Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統)
    B/Texas(テキサス)/2/2013(ビクトリア系統)

出典:国立感染症研究所

インフルエンザウイルスにもいろんな種類があって、毎年、その年に流行すると思われる型に対応したワクチンが作られます。

B型は去年と同じですが、A型は「スイス型」から「香港型」に変わっています。

 

 

今年はワクチン不足!?

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

ちなみに2016-2017シーズンは、初期(10~12月頃)にワクチンの流通不足が起こるかもしれないと言われています。

その理由は

  • 今年のワクチン株は増殖がゆっくりなのでワクチン製造に時間がかかる
  • 震災の影響でワクチン製造工場が一部ストップ

という2点です。

参考:小泉重田小児科

 

11~12月になると予防接種も混雑します。

子供には確実に受けさせたい!という方は、お早めに病院に問い合わせてみてくださいね^^

 

 

最後に

いかがでしたか?

毎年私を悩ませるインフルエンザの予防接種(笑)

「予防接種を受けてもインフルにかかったよ」という人も見かけますが、予防接種を受けていたらかかったときに症状が重くならないと聞くので、子供には受けさせようと思っています^^

予防接種を受けるか受けないかは親の考え次第ですからね!

インフルエンザの予防接種の料金の違いを少しでも理解していただけたら嬉しいです。

それでは♪

 


スポンサーリンク


 - 健康・美容, 子どもの健康・病気